が っ き ゅ う つ う し ん
 
 
 
 
 
 
  
  
  
  
 
写真:柳生千晶(文化芸術振興課)/藤本達也/辻康一/泉川由希/坂東卓美
 
 が っ き ゅ う つ う し ん
 
 
写真:柳生千晶(文化芸術振興課)/藤本達也/辻康一/泉川由希/坂東卓美
 
冬の陣:おや・こども
 12月9日(土)「おや先生」
 
1年少し続いてきたおやこ小もいよいよ最終回。
集大成として、最後の授業科目は「親子」にしました。
今までのように講師を呼ぶのではなく、この日は親御さんに先生となってもらい、
仕事や家庭のこと、そして我が子への気持ちを話してもらったりしました。
まずはそれぞれの親先生に、自身のお仕事のことを子どもさんに向けてプレゼンテーションしてもらい「働きたい職業コンテスト」を開催!
みなさん周到に準備をしてきてくださり、体験やクイズを入れたりして、素晴らしいパフォーマンスでした!
続いてこども生徒さんたちから、お仕事について質問タイム!
「やめたいと思ったことはある?」「将来の夢はなに?」などなど、うーんとうなっちゃうきびしい質問が飛び交います!
質疑応答を経て、働いてみたい仕事の人気投票を行いました。
見事一位を獲得したのは、資材を触らせてくれたり丁寧に説明してくれた「営業」のパパさん。おめでとうございます〜!
続いて事前に集めた、ご家庭で起こった珍事件を当てっこするクイズ大会!
まだ小さかった頃の怪事件など、本人は記憶がないものの大人をアっと言わせた秘密エピソードの爆笑オンパレードでした!
最後は親先生にシートを渡し、「子どものころの自分にとっての親」「親になって嬉しいこと、大変なこと」「将来大人になる我が子へ」など書いてもらい、
おひとりおひとり思い切って発表してもらいました。
なかなか普段は口に出すことのない、親としての胸の内の想いを聞かせてもらい、
こども生徒さん、見学者の方まで涙を浮かべてしまう時間となりました。
自分の親御さんの普段のお仕事のことや、自分に対する気持ちを知ること。
将来大人になって思い出すと、きっと力をくれる。素敵な機会になったんじゃないかなあと思います。
周到に準備をしてきて最高の先生を務めてくださった親御さんのみなさん、本当にありがとうございました!!